寒い
1998/11/7(土)

今、飯食いに(とんこつラーメン)外出たら、なちゅう寒いねん。
もう冬?
今日は1日中部屋で、新曲づくりしてました。
っで?できたかって?
ん~なんだかなあ・・・・・むずかしい。。

なんちゅうかなあ、今回の曲はこの唄だけを聞いて清水和彦っていう人間
が、見えるようにしたいんだなあ。
もちろん今までもアルバム中やライブではなるべくそうしてきたけど、
今度はシングル曲を聞いてボクのいいかげんさや一生懸命さが伝わる
ような楽曲にしたい。「風のすみか」と「ゴメンナサイ」を足して
2で割った感じ。「クロス」がもうちょいくだけた感じってわかる?

だから、悩んでるのよ。非常にすれすれの所なのでへたするとわけわからん
ようになるかも。だってまだ自分のこと全部わかってないからね。
まあだからこそ歌を書こうと思えるんですが。
最近よくいるじゃない?「俺ってこういう人間だから」って。
変に自分を決めつけちゃいけません。人は表面的には常に変化してゆくもので、
自分だから気がつかない部分がけっこう多いものです。
少なくてもボクは27歳で言うせりふじゃないなあっと思う。

だから、まだまだ未完成で弱い(おそらく死ぬまで)ままの
自分を受け入れながら、やっぱり理想は追い求めていきたい。
叶わないから、叶えようとする。
その過程が生きるってことじゃないでしょうか。

ボクは数ある可能性の中から音楽を選んだ。もちろん
他にもあったし、実際いろいろ試した。(基本的に物づくり)
けど自分の描く理想に一番近づけたのが音楽で、人にもっとも評価されたのが
音楽だった。だから、この飽き性のボクでも今までやってこれたんですわ。
そういうのが天職っていうのかなあ。
とは言うものの今でもたまに他のこと(お笑い、天文学、パチプロ、花火師、等)
をやってみたいっていう願望はあるよ。そりゃあそうさ。人だもの。
だけど絶対音楽だけはずっと捨てられないね。
ちゅうか音楽はもうボク自身を構成する後天性内蔵の一つと化してるからね。
捨てたくても捨てれられないような気がする。
まっなんにせよ、今にボクにはいいことだ。
もし今ファンのみんなに必ずの約束ができるなら、
ボクは生きてるかぎり音楽をやりつづけるってこと。
まあ、たとえレコード会社との契約ぎれや事務所に追い出されることがあっても
歌う場所を探すでしょうな。そうならないよう、がんばるけどね。
これを読んでる貴重なファンの皆さん、
どうか、末永くよき聞き手であり、友達であり(悪友を含む)、仲間でいてください。

おっとこんなに書いてしまった。しかも普段書かないことを・・・
けど頭が作詞モードな時はいつもこんなんです。
では・・・・曲づくり・・・

HOME
Information
PROFILE
Discography
DIARY