お呼びとあらばどこまでも  第13回  仙台

〜後編〜

・・・・前回までのあらすじ・・・・

平和な街に突然と現れた、青葉娘ネッピー。
連邦軍は総力をあげて立ち向かうが、あえなく撃破されてしまう。
「このままやられてしまうのか!!」・・・途方にくれる市民。

そんな時だった・・・・・

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image001S.jpg こ、こ、これは何だ!!


最後の望みをかけて、このバックを開けてみた。
す、す、すると・・・・


1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image002S.jpg べ、べ、べんとう?

あたって嬉しいネッピー弁当 とはこのことだ。

われわれは、見た目おいしそうな、その物体に心奪われた。

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image003S.jpg ということで、いただきます。

う、「うまい」意外にも・・
ん?!となりに誰かいる?・・しかもボカシ入ってる。

実は、彼女たち、現役高校生なのだが、
その中の一人が諸事情により公表できません。ので、ボカシ入れてます。
「なんか・・・・あれ・・・みたい?」

っていうか、オレまでボケてます・・・

「そういうことですよね。ネッピーちゃん」

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image004S.jpg げっっ、ネッピーまでボケてる。

どうやらみんな放送禁止だそうです。

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image005S.jpg    1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image006S.jpg
そんな彼女らは、ネッピー率いるWOLファン東北地区メンバーなのです。
当日、彼女等の他にもう一人、来る予定だったのだが、これまた諸事情により、
来れなくなってしまった。仙台は諸事情が好きらしい。

で、ですね、そんな来れなかった子を含め彼女ら3人から
なんと別々の依頼があるそうな。
え?!さ、さ3曲?

一瞬ひるんだが、とりあえず話だけでも聞いてみることにした。

まあ、要約すると、みんな好きな人がいるんだな。
しかも、相手はなかなか手が届かない場所にいて、日々もどかしく、
それでも好きだから、あきらめることができないでいるそうな。
あーー恋に悩める乙女なんですね。

よし、そんな彼女たちのに向けて、歌をつくってみよう、と本来はいくのであるが、
なんせ、三人三様、違うストーリーなので、ちょっと困った。

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image007S.jpg    1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image008S.jpg
っていうか、けっこう困った。いくらなんでも即興で3曲は無理。
3人の共通点を探りながら、抽象的な言葉を選んでの、歌作り。

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image009S.jpg    1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image010S.jpg

途中、大雨は降るわ、じじぃには囲まれるわで、相当難産な曲となった。
それでも、あっしはプロですがな、
夕立が止むころ、曲は完成した。タイトルは「 遠くはなれても 」

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image011S.jpg    1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image012S.jpg



「遠くはなれても」  作詞曲 シミズカズヒコ

聴きたい人は路上で



キミの恋心 広く果てしない
ナンだってできると あこがれをなくさないで 進もう

だけど知っている さみしい結末を
だけどわかってる 未来は変えられるもの いつだって

あきらめないで どんなに遠くはなれても
溢れる願い 誰にも止められないから
恋すればせつなくて だけどずっと 

キミの想いは 輝いている


1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image013S.jpg いやーまーた幸せにしてしまった。

クロール依頼料をゲット。みんなの笑顔が綺麗だね。(想像)

1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image014S.jpg    1999-09-06.htm.files\1999-09-06.htm_Image015S.jpg

じゃあ、達者で暮らせよ。今度は、顔を出そうぜ。(一番左はネッピー)

1999年8月29日

THE WATER OF LIFE