科学で解明「金縛り」
1998/9/20(日)

はい。明日になりましたね。(今日は長い独り言です)

でさあ、今日は(19日)久しぶりにめちゃくちゃ寝てみた。
ほら〜すごいで、一度、新聞の勧誘で起こされたもののトータル
15時間は寝たわ。もうそれくらい寝ると、現実と夢の世界の
区別がつかなくなるのよ。ちょうどそんな時、事件は起こった・・

もうそろそろ起きようかと考えていたら、目覚めてドライヤーで
頭を乾かしている「夢」を見たの。でも、こう、しっくりこないのよね。
なんか霧がかかったような、気分が晴れない感じで。

だからすぐに夢の中で「これはまだ起きてない。これは夢や」と
感じて、試しに「夢やったら飛べるだろう」と飛んでみたら
飛べたの。あ、夢の中でやで。気持ちええでぇホンマ。

そんで、もうそろそろマジに起きようかと思って、目を開けたら
カーテンが半開きの、外は夕暮れとともにいつもの部屋の情景が見えたの。

「あ〜目覚めた〜」と思っていたら、手にドライヤーを持ってる感覚があって、
え?そんなわけないやん、あれは夢やん、っと腕を持ちあげてみたら・・・・

・・・・ない・・手がない。たしかに感覚では目の前にかざしているのに、
目には部屋の情景がぼんやり見えるだけで、ドライヤーも手もいくら
動かしても視野の中に入ってこない。試しに上体を起こそうかと
思って起こしてみても、見える情景はぜんぜん変わらない。
わかる?これがいわゆる金縛りっていう状態。

いわゆる意識はめっちゃ活動していても肉体は眠っている状態。

けっこう不思議やで、怖いとは思わなかったなあ。
あまりにも現実的な夢を見るとわけわからんようになるわ。

最後にはチャンと目覚めた。やっぱりすっきりくっきりした
世界なんでホッとしたよ。

実はこういうことは前にも2、3度あって、なんとか科学的に解明
できなかと研究中なのです。こういう体験したことある人いる?

いたらWOL研究所BBSまで報告するように。

あ〜寝過ぎてだるい。・・・え?もしかして、これも「夢」????




HOME
Information
PROFILE
Discography
DIARY