終わりました
1999/4/1(木)

本日の昼食メニュー(画像付き)

・ビーフシチュー
・おかゆ、梅干
・サラダ
・メロン

今までの経過。
人間ドックにあこがれている諸君のために

 8:15 起床
 8:30 超音波による内臓検査
      ・・・担当の女医さんが無表情で気になった
 9:30 胃の検査
      ・・・検査の前の注射がものごっつ痛い。
10:30 血圧測定
      ・・・90の50でした。低め?
11:00 昼食。
      ・・・人間ドック終了。

ここで一言、
「しゃれにならん、うわさのバリューム 一気のみ」

ホンマ、しゃれにならんで、覚悟はしてたけど、
長髪の青年風担当医も冷静に「飲み干してください」
だって。
飲めるか!!こんなもん!!
もう、ちょっとで、ナイアガラでした。
けどね、検査機械のビジュアルは気に入った。

なぜに今ドック受けるの?という質問が多かったのですが
一番の理由は

「昔から(中学生)の夢だったから」

よくさ、SF映画とかマンガで、台の上に寝かされて
たくさんの機械に囲まれて測定されるシーンって
あるじゃん。あれにあこがれたなあ、オレってマゾ?

ちゅうか、自分のデーターって気になるやん。
もしかしたら、自分でも知らない才能が存在してたりして
ってわくわくするね。

ただ、、実際ドックを体験してみると
ボクが描いてた華やかなイメージとは
到底かけ離れた、えらくアナログで地味なものでした。

もっとさあ、MRIとか、受けたかったなあ。
一番、「あ、おれ今検査されてる」って感じたのが
それを逃すわけにはいかなかったわけです。

来年は脳ドックを受けようかなあ?

エープリールフールにホントの気持ちを伝えました。
             (WOL-「うそ」より)

では、また明日の午後7時半。
町田駅の連絡通路で、お会いしましょう。

HOME
Information
PROFILE
Discography
DIARY